ダイチ株式会社
ホーム 会社案内 業務紹介 ダイチの工法 スポーツ振興活動
地すべり対策工法

法面対策工法

落石対策工法

土砂崩壊・土石流・流木対策工法

目的
斜面崩壊対策としての擁壁の補強や設置が困難な場所に、インパクトバリアにより衝撃力の低減または土砂補足を図る工法です。

斜面崩壊の衝撃力低減工
●土砂災害防止法の施行に伴い、待受け擁壁は斜面崩壊土砂の衝撃力に耐えることが要求されるようになりました。
●擁壁の補強等が困難な場合、擁壁に背面に設置したインパクトバリアにより崩壊土砂の移動速度を低減させ、擁壁が耐えられる衝撃力とする対策法です。

斜面崩壊の土砂補足工
●土砂災害防止法に対応する待受け擁壁の設置が困難な斜面に適用できます。
●日常的な小規模崩落土砂はPC板で処理し、斜面崩壊土砂はインパクトバリアで補足します。

詳しい情報はこちら>> 柔構造物工法研究会


ダイチ株式会社│富山県富山市一本木259-1 TEL.076-451-6601 FAX.076-451-6632 E-mail mail@daichikk.co.jp
Copyright (C) 2006 Daichi Corporation. All Rights Reserved.